2021年03月22日

受験の訪れ

受験シーズン。

いちばん寒い時期に、感染症対策も必要な中で、

受験生も、支える皆さんも気を張る日々かと思います。

 

受験のニュースに触れながら、

自らの受験を思い出していました。

好きなものを我慢しようと闘った冬、

雪国育ちの私にとっての大きな誘惑は…

マンガとテレビでした。

 

効果的だった対策は、原始的なもの。

テレビからは離れる。なるべく遠くに。

マンガは何度でも読んでしまうので、

歯を食いしばって、紐でしばって

冷え込む車庫の奥にしまい込みました。

…捨てる決心は、なかなかつかず。

 

 

誘惑との格闘は、いまだに続いています。

しかも最近はスマホまである…

夜、誘惑に負けると、

寝不足へと、まっしぐらです。

 

出歩きにくいこの頃、

本棚の誘惑を減らす絶好のチャンス!

少しずつ少しずつ…

でも、片づけながら読んでしまう始末。

紐でしばれない日々が続いています。

 受験生の頑張る姿に力をもらって、

誘惑を断ち切る我慢を…

なんとか発動させたいと思います。


aki_0803 at 00:14|PermalinkComments(0)

2021年02月28日

北海道での病院のクラスター

 北海道は2月27日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された43人中、北海道発表分20人の詳細を発表しました。

 函館放送局の花田実咲アナウンサーによると、27日は6日ぶりに死者の発表はありませんでした。

 感染者は札幌市19人、旭川市1人、小樽市3人が確認され、あわせて43人。4日連続で50人を下回りました。

 北海道発表分として、新たなクラスターは確認されていません。

 これまでのクラスターが拡大しています。
●「恵庭第一病院」(恵庭市)
 新たに職員1人、入院患者2人の感染が確認され、この関連の感染者は計75人(職員16人、入院患者59人)となりました。


●「公立芽室病院」(芽室町)
 新たに入院患者2人の感染が確認され、この関連の感染者は計16人(職員5人、入院患者11人)となりました。


【2月27日北海道発表分の感染者情報】
▼石狩地方:3人

●千歳市:1人

●恵庭市:3人

▼後志地方:1人

●倶知安町:3人

●ニセコ町:1人

▼胆振地方:2人

▼十勝地方:1人

●芽室町:1人

●帯広市:1人

●釧路市:1人

▼根室地方:1人

■千葉県:1人

 27日は新たなクラスターは札幌などでも確認されていません。

 43人中、22人の感染経路が不明で、重症者は前日と変わらず3人。うち札幌市は前日と変わらず1人です。

 江別市の障害者支援施設のクラスターは収束したと発表しています。(計6人)

 政府は栃木県を除く東京と近隣の10都府県(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・福岡・兵庫・愛知・岐阜・福岡)に発令している緊急事態宣言を首都圏を除く6府県(大阪・京都・兵庫・愛知・岐阜・福岡)を2月28日で先行解除することを決めました。

 北海道も3月7日までの「集中対策期間」は継続する一方、2月28日までの札幌市と小樽市の不要不急の外出自粛や往来自粛の要請、札幌の飲食店などへの時短要請を終了することを決めています。

 北海道内の感染者は、計19018人となりました。(引用:UHBニュース)

本州からこれだけ離れていても、厳しいものがありますね。



aki_0803 at 01:46|PermalinkComments(0)その他 

2020年12月01日

今年の流行語大賞

ことしの「新語・流行語大賞」が1日発表され、年間大賞に「3密」が選ばれたほか、トップテンには「アベノマスク」や「Go Toキャンペーン」など、新型コロナウイルスの影響を反映した言葉が並びました。

「新語・流行語大賞」は、1年の間に話題になった出来事や発言、流行などの中からその年を代表する言葉を選ぶ賞で、ことしは30の言葉がノミネートされました。

この中のトップテンが1日、東京で発表され、年間大賞には、新型コロナウイルスの感染拡大につながる「密閉、密集、密接」を表した「3密」が選ばれました。
また、政府の施策に関連した「アベノマスク」と「Go Toキャンペーン」、疫病退散の願いを込めてイラストなどが流行した妖怪「アマビエ」、オンラインによる飲み会や授業、就活などを表す「オンライン○○」と、新型コロナウイルスの影響を反映した言葉がトップテンに並びました。
続きを読む

aki_0803 at 16:47|PermalinkComments(0)